外用タイプのAGA治療薬について

M字ハゲやO字ハゲなどと表現されるように、男性の薄毛は生え際から頭頂部にかけての部位に集中して発症します。
これは、AGA(男性ホルモン型脱毛症)という症状の典型的な形態で、悪玉男性ホルモンのDHTの作用によりヘアサイクルが狂わされていることによるものです。
なお、この症状は遺伝的な要因が密接に関係しており、日本人男性における発症率は約30%と報告されています。
AGAは、基本的には生理的な現象の一種で、寿命が短くなるなどの心配はありません。これは、髪の毛がなくなっても元気に過ごしている高齢者が少なくないことが証明しています。

しかし、髪の毛は見た目を左右する重要なポイントであり、有るのと無いのとではイメージは大きく変わってしまいます。
このために、社会的には影響を受けることになります。
特に、女性からの評価はシビアなものになります。 ただし、現在ではテレビのコマーシャルなど様々なメディアで盛んに宣伝されているように、医療機関での治療が行われています。
これは、飲む育毛剤と呼ばれている内服タイプのAGA治療薬が開発されたためで、高確率で進行を防ぐことが可能となったためです。
ちなみに、このAGA治療薬は2005年に厚生労働省から承認する際に1年間かけて臨床試験が行われており、98%の被験者に不変以上の効果が確認されています。 この数字だけを見ると、かなりの期待が持てる内服タイプのAGA治療薬ですが、軽度改善以上の効果が確認されたのは被験者のは58%とかなり低くなってしまいます。
これは、髪の毛に直接作用するわけではないので、薄毛になってから期間が経過したような状態から回復させるのは難しいためです。
一応の目安として、AGAが発症してから5年~10年間がタイムリミットと言われています。つまり、これ以上経過したような場合は、復活させるのは難しいということです。

このために、タイムオーバーとなってしまった薄毛の人は、飲む育毛剤以外の方法を選択しなくてはなりません。
このような人たちにおすすめなのが、ミノキシジルという成分を配合した外用タイプのAGA治療薬です。 このミノキシジルは、アメリカで降圧剤として開発されたのちに、発毛促進効果が確認されたために脱毛症の治療薬として使用されるようになったという経緯をたどっています。
このようにして誕生したのがロゲインという商品で、世界90ヶ国以上で利用されています。

外用タイプのAGA治療薬の効果的な使い方

ロゲインに配合されているミノキシジルは、毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化することにより、強力な発毛促進作用を発揮します。
特に、頭頂部の薄毛に対して有効で、かなり進行した状態から回復させたという報告が多数寄せられています。
ちなみに、血液中の濃度を一定に保つために、1日に1度だけ使用するよりも朝と晩の2回使用するのが効果的です。

なお、ロゲインの販売が開始されたのは1980年代で既に医薬品としての特許は切れています。このために、安価で購入できるツゲインやカークランドなどのジェネリック医薬品が提供されています。
製造方法や添加物には違いがあるので、ロゲインとこれらのジェネリックは全く同じ薬というわけではありません。しかし、主成分として配合しているのは同じミノキシジルなので、薄毛を改善するという効果は同レベルのものが期待できます。
ちなみに、ロゲインの一本当たりの値段は4000円~5000円程度ですが、ジェネリックのツゲインは2000円前後で販売されています。AGAに対して期待できる効果は全く同じなので、ツゲインを選択するのがお得ということになります。
特に、お金をかけたくないといいう人にはオススメの方法です。