女性が発症する脱毛症について

男性に限らず女性にも脱毛の症状で悩んでいる方は少なくありません。
女性が発症する脱毛症はいくつかあり、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、粃糠性脱毛症などが挙げられます。また昨今、びまん性脱毛症FAGAと呼ばれるものも注目されている脱毛症の一つです。

まず牽引性脱毛症というのは、長い髪の女性に多いのですが、髪を強く結ったりする習慣を長く続けることで、その部分の頭皮や頭髪に負担がかかり、毛根が傷ついて分け目や生え際の部分から抜け落ちてしまうというものです。
原因が分かりやすいため、牽引性脱毛症は定期的に髪型を変えて、負担を減らすように心掛けることで解消しやすいといえます。
次の分娩後脱毛症は、妊娠から出産にかけて乱れてしまった女性ホルモンのバランスが原因で分娩後に一時的に抜け毛が増える脱毛症となります。

基本的にホルモンバランスが正常に戻ることで自然に症状がなくなっていくのですが、回復力が落ちる高齢出産などの場合は、分娩後脱毛症の症状がなかなか回復しなかったり、そのままということもあります。
通常、半年から1年程度で回復するものですので、それ以上経っても症状の回復が見られない場合は医師に相談をした方がよいでしょう。
次の粃糠性脱毛症は、乾燥したフケが毛穴を塞いでしまうことで髪の成長が妨げられて発症する脱毛症となります。
過度の洗髪習慣があったり、髪が長いと洗髪料のすすぎ残しが起こりやすくなってしまうことから、女性に多いと考えられます。
またパーマやカラーの刺激などでも起こることがあるため、もしも、美容院などでこうした施術を受けてから脱毛の症状が起こったのであれば粃糠性脱毛症を疑った方がよいでしょう。
また同じような症状でフケが異常に多い場合は脂漏性皮膚炎の可能性もあるため、注意が必要です。

そして、最後に昨今、注目されているのがFAGAです。これは男性型脱毛症AGAの女性版のようなもので、びまん性脱毛症と呼ばれることもあります。
FAGAは、加齢などに伴い女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが優勢になることから発症するとされています。
びまん性脱毛症のびまんとは一面に広がるという意味があるのですが、FAGAではAGAと違って毛髪がなくなってしまうのではなく、びまん性脱毛症という名称が示すように毛髪が細く弱って全体的に薄くなってしまうという特徴があります。
主に頭頂部全体が薄くなって地肌が透けて見えるようになるため、女性にとっては大きな悩みとなるのです。
AGA同様にFAGAも生活習慣などが一因となっていることもあるため、気になる場合は、まず生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

びまん性脱毛症は早めに治療を行えば完治しやすい

AGAは治療に時間がかかるものですが、FAGAと呼ばれるびまん性脱毛症は、症状が引き起こされている原因さえ取り除くことができれば、症状が改善されやすい脱毛症です。
特に運動不足や過度なダイエットによる栄養不足、過度のヘアケアなどの生活習慣が原因であれば、そこを改善することで症状が治まることも珍しくはないのです。

またストレスなどによって女性ホルモンのバランスが乱れていたり、加齢によって減少してしまった場合でも、適切な治療を受けることで完治も期待できるのです。
このようなことから、びまん性脱毛症の治療で大切なことは早めに病院を受診するということです。医師の診断のもと、脱毛が起こっている原因を見極めて、的確にアプローチをすれば脱毛症状の改善は見込めます。
逆に脱毛を気にしたまま生活を送っていると、それがストレスとなって症状を悪化させてしまう要因となります。

また自分でヘアケアを行って症状を改善しようとした場合、もしも、びまん性脱毛症の一因となっているのが過度なヘアケアだと逆効果となってしまうこともあるのです。
ですので、悩んでいるのであれば早めに病院を受診した方が症状を悪化させることなく、完治を目指しやすいのです。