20代にもAGAはある?年代別に見るAGAの割合

AGAは日本人男性の約3割程度の人に見られます。
実は20代という若い世代でも発症する病気ではありますが、年代別の発症率を見ると、年齢を重ねる程、多くの人がAGAで悩んでいます。
男性ホルモンが大きな原因だとは言われていますが、その他にも、過度なストレスや不規則な生活などが要因となると言われています。
AGAは進行型の脱毛症になりますので、気が付いた段階で早めの治療を行わなくてはいけません。

何となく髪の毛の抜ける量が最近多いかもしれないと感じたら、直ぐにでも病院に行くようにしましょう。
そんなAGAは、成人男性に見られる薄毛ですが、男性の薄毛の原因の内、実は90%以上はAGAだと言われています。 思春期を過ぎれば、何時発症するか解りませんので、普段の生活を良くチェックして、少しでも髪の毛に違和感を感じないかというのを意識しましょう。
AGAの発症率は、20代で6%、30代で12%、40代で32%、50代で44%、60代で51%、70代で61%程度だと言われています。
年代別で見ますと、やはり20代と30代は発症率が低いのですが、40代を過ぎますと、一気に3人に1人がAGAを発症しているという事になります。
薄毛治療は、クリニックに行くことで進行を防ぐ事が出来ると言われています。早めの対策を立てる事が何よりも重要となりますので、恥ずかしがらずに一歩踏み出す事が大切です。 AGAが若い年代でも発症する原因の一つに、男性ホルモンだけではなく、精神的なストレスや不規則な生活、バランスの悪い食生活などが挙げられます。
一概に遺伝だとは言い切れず、親が薄毛では無いからといって、何も対策を立てずにいますと、あっという間に髪の毛が抜け落ちてしまう可能性があります。
夜はしっかりと眠って、意識をしてビタミンやミネラルを摂取する事が大切です。

AGAには、大きく分けて3つの段階に分かれます。年代別に見ましても、若い頃は、脱毛がまだ始まっていなくて、本人にも目立った気付きも無い段階から、額の生え際から少しずつ髪の毛が抜けていきます。 そして、生え際の進行が目立ってくると、髪の毛全体のボリュームが無くなります。
そして、最後は後頭部や側頭部に毛髪が無くなってしまう状態になります。
どのような状態でも、クリニックに行って適切な治療を行えば、悪化させずに進行を食い止める事が出来ます。 また、個人の脱毛パターンによっても、治療方法は異なりますので、まずは絶対にクリニックに行くようにしましょう。

AGA年代別発症率から見る特徴とは

日本人は、全体のAGAの発症率は約30%と言われており、全体の約50%と言われている欧米人と比べますと、ハゲやすい体質では無いと言われています。
そのため、自分がハゲてしまうことで、かえって目立ってしまい、余計コンプレックスを感じやすいと言われています。
AGAは年齢を重ねるごとに発症率が増えますが、その理由は男性ホルモンの感受性に変化が生じるためだと考えられています。
年齢を重ねるごとに、感受性の度合いが変化したり、AGAの直接的な原因だと言われている、DHTの生産量が体内で増えたりする事で、薄毛になりやすくなります。

また、30代、40代で一気に薄毛になる人が増えるのは、不摂生な生活をしているツケが出てくる年齢だと言われています。
若い頃は新陳代謝が活発なので、同じような生活を送っていたとしても、なかなか身体に悪影響は出ませんが、20歳をピークにして、身体の機能は一気に衰えていきます。
そんな状態で、生活習慣が乱れてしまっては、髪の毛の成長を妨げてしまい、気が付くと薄毛が進行していたなんて事になりますので、注意が必要です。AGAの悪化を防ぐためにも、今の内から生活習慣を見直して、不摂生な生活を改善するように心掛けましょう。