AGAの原因は遺伝にあった?

男性の頭髪に薄毛や抜け毛をもたらす原因としては様々なものが考えられますが、その中でも近年特に注目を集めているのがAGAという病気です。
これを発症すると男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという特殊な酵素が反応してDHTという物質を作り出し、これが頭髪の成長サイクルを乱すことで知られています。
それではこのAGAそのものは一体何が原因となって発症するのでしょうか。
ここで重要となるのが親からの遺伝という要素です。
このAGAを発症する情報は遺伝子の中にある染色体に組み込まれていると言われています。
未だ研究中の部分も多いため全てが解明できているわけではありませんが、この遺伝によって引き起こされる場合、まず染色体の組み合わせから見ていく必要があります。
人は男性だとXY、女性だとXXという組み合わせの染色体を持ちます。
ここで男の子が生まれた場合、その組み合わせはやはりXYとなり、このうちのYは父親からそのまま譲り受け、残りのXはもう一方の母親から受け継がれます。

そしてこの母親から受け継いだXの部分にAGAを発症する原因が含まれているのです。
この情報を保持していると、やがて身体の発育と共に男性ホルモンが活発化し成人を迎えた頃合いにAGAが発症します。
これは活発化した男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼが反応してDHTを分泌する度合いが高まるからであり、こうして分泌されたDHTはその後、毛乳頭にあるアンドロゲン受容体が感知することによって頭髪に過剰な反応をもたらすことになります。AGAを発症するとこのアンドロゲン受容体がDHTを感知しやすくなり、なおかつ感知した際に毛細血管からの栄養分の吸収をストップさせてしまうのです。
このアンドロゲン受容体が過剰な反応を引き起こすと、頭髪の成長に不可欠な栄養分の供給が完全にストップしてしまい、その結果、毛母細胞は細胞分裂を鈍化させ、これまで健康的だった頭髪も次第に勢いを失って、やがて抜け落ちてしまうのです。

母親の体にてこのAGAが発症しないのは男性ホルモンの保有量と関係しています。ある一定の男性ホルモンを保有している場合に限り、5αリダクターゼとの反応が起こりますので、そのため同じ遺伝子を受け継いだ男性にしかAGAの発症は起こらないのです。
ですので母方の祖父や母の兄弟などに薄毛が多い場合には本人も発症の可能性が強まりますので、早期に対策や治療を施すことが不可欠となります。

AGAの遺伝子検査に信憑性はある?

薄毛治療専門クリニックでは医師の診療やカウンセリングを行った上で、まず患者がAGAか否かを特定した上で本格的な治療に着手することになります。
そこで最初に行われるのが遺伝子検査や血液検査です。
この血液検査は肝機能の状態や血中の男性ホルモンなどの分量をチェックして発症の有無をみるものですが、その一方の遺伝子検査は口内粘膜や頭髪を採取してその中のアンドロゲン受容体を分析します。 この配列を調べることでAGAの発症の可能性を調べます。
しかしながらここで重要となるのは、AGAの遺伝子検査には確実性がないということです。あくまでも発症している可能性をチェックするものであり、それを決定づけるものではないのです。

ここで調査されるアンドロゲン受容体とAGA治療薬に含まれる成分との反応を調べることで大まかな目安がわかる仕組みとなっています。
そのため、この結果を受けてどのような方向性をとるのかについては患者本人、あるいは医師との相談のもとで導き出していくこととなります。
また、遺伝子検査に関しては医療機関にかからなくとも、郵送などで検査キットを取り寄せることで自分でも簡単に採取して専門機関に送り、後日結果を受け取ることが可能です。
この場合、医療機関に比べて安価にて行うことができるというメリットもあります。