AGAの改善へ繋がる運動の紹介

AGAになると、専門クリニックで治療を受けたり、処方してもらった薬を飲まないと治らないと思っている方もありますが、ジョギングなどの有酸素運動を行えば改善することがあります。
年齢が高くなると、若い頃のようには体を動かさなくなるので、血行不良になったり、体に老廃物が溜まりやすくなります。
ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を行うと、呼吸が普段より早くなり、深くもなるので、 通常よりも多くの酸素を体内に取り込めるようになります。
筋トレのように、体に負担をかけることなく出来るので、年齢が高い人でも気軽に始められます。
AGAの人は血行不良により、頭皮に十分な血液が行き届いていないといわれています。有酸素運動を行うと、適度な負荷をかけつつ、酸素をたっぷり取り込めるので、心肺機能が高まり、血管の柔軟性が良くなるので、 血行促進効果を期待できます。 血行が良くなると、末梢の頭皮の毛細血管まで十分な血液が流れるようになるので、 酸素や栄養素が届くようになります。有酸素運動には血行促進効果があるので、いつも車や電車でばかり移動するのではなく、適度に自分の足を使うようにしてください。
AGAはDHTという物質が原因で起こりますが、有酸素運動で発汗すれば、汗と一緒に体外に排出できる可能性があります。

ジョギングやウォーキング、水泳などを行うと、自然に発汗しますし、代謝も良くなるので、体の中に溜まった余分な老廃物を排出しやすくなります。DHTを体内から取り除くことが出来れば、抜け毛を減らすことが出来るでしょう。
AGAの原因にはストレスもかかわっているので、適度に発散させないと、抜け毛が増えるようになります。
仕事や家庭で辛いことがあると、慢性的にストレスを抱えるようになり、常時交感神経が優位になります。 血管が収縮して、血行不良となり、頭皮に十分な酸素や栄養が届かなくなるので、それを防ぎたいなら、有酸素運動を行うようにしてください。
ジョギングやウォーキングを行うと、公園などの美しい景色を見てまわることが出来ますし、アップダウンのある坂道をサイクリングするのもおすすめです。
スポーツジムのプールで25mや50mを泳げば、いつのまにかストレス発散が出来ているはずです。
これらの有酸素運動にはストレス発散のみならず、血行促進効果もあるので、頭皮環境の改善にも役立ちます。
定期的に続けなければ意味がないので、挫けそうになったら、サポートしてくれるようなアプリを利用したり、仲間を作って行うようにしてください。

AGA改善のために過度な筋トレはNG?

AGAを改善したいときはジョギングなどの有酸素運動がおすすめですが、過度な筋トレはしない方が良いという説があります。
これは筋肉を鍛えると、男性ホルモンのテストステロンが増加するので、体毛が濃くなったり、薄毛になる可能性があるからです。
テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくと、DHTに変換して、抜け毛の原因となりますが、筋トレを行っている人が必ずしもそうなるわけではないので、それほど深刻に考える必要はありません。 ただし過度に行うと、オーバートレーニングとなり、ストレスが溜まるので薄毛が進行しやすくなります。

筋トレは、鍛えることと休むことを繰り返して行うのが正しいやり方なので、鍛えてばかりいると、疲れが取れなくなったり、眠れなくなったりすることもあります。
ストレス発散が出来ないと、抜け毛が増えるので、筋トレをするときは適度に休みながら行うようにしてください。
筋トレだけを黙々と行うのではなく、ジョギングなどの有酸素運動も加えると、適度に発汗できますし、ストレス発散にもなります。
血行促進効果もあるので、AGAを改善したいときは、スポーツジムや室内で鍛えるだけでなく、外に出て運動するようにしてください。