AGA治療薬の成分、フィナステリドの解説

薬の解説をする医師

AGAは成人男性に多い男性型脱毛症ですが、その治療薬として効果的とされているのがフィナステリドです。これは、前立腺肥大症の治療薬として使用されていた薬ですが、AGAの治療にも多くの場所で使われています。
AGAでは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合して、脱毛の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するので、これを抑えることが重要になりますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼを抑制することで、DHTの発生を防ぐことになり、AGAの治療薬としての効果を上げています。
フィナステリドを治療薬として使用する場合、内服薬が中心になっていますが、これは外用薬の形で使うことも可能です。
どちらが良いかについては、AGAの治療で実績のあるようなクリニックで相談すれば、患者さんの話を良く聞いた上で適した方法を勧めてくれることでしょう。
以上のようにフィナステリドはAGAの治療では効果が期待できる大事な治療薬と言えますが、この薬には副作用の心配があるので、その点についても良く考える必要があります。

フィナステリドの副作用は生じる確率としてはそれほど高くありませんが、生じた場合は肝機能障害や性欲減退、さらにうつ病などを引き起こすことになります。
フィナステリドの場合は男性ホルモンの働きを抑制することになるので、これによってホルモンのバランスが崩れて副作用が生じる可能性も出てきます。
フィナステリドの場合は、多くのクリニックで、AGAの主な治療法としてこの薬を飲むことを勧めています。
ただ、確率は低いとは言っても副作用が出たという報告はありますし、薬の副作用には個人差があるので、少しでも気になる症状がある場合は、できるだけ早くクリニックを訪れて医師に相談してみることをお勧めします。 なお、この薬の場合、未成年者は安全性が証明されていないので、使用は禁止されています。
その一方で、未成年者の薄毛は増えてきており、その場合は父親が使っているから大丈夫と考えて、家族が使っているフィナステリドを使ってしまう可能性もあるので、父親の立場の人がこの薬を使う場合には、子供が使ってしまわないように十分に注意する必要があります。
さらに、フィナステリドは女性の場合も使用は禁止ということになっているので、女性で薄毛に悩む場合は女性の薄毛対策を扱っているような医院で相談したり、他の薬をもらったりした方が良いでしょう。

女性がフィナステリド錠に触れてはいけない理由

女性の場合は、フィナステリドを使ってはいけないというだけでなく、これに触れると皮膚から吸収することになるので、触れるのも避けるようにするべきだと言われています。
その大きな理由は、特に妊婦がこの薬を飲んだり触ったりすると、胎児が男児なら、生殖器が正常に発育することが妨げられる可能性が生じるということです。そのため、特に妊婦や妊娠の可能性のある女性の場合は、胎児の正常な発育のために、この薬には手を触れないようにすることが必要です。
さらに妊娠していない女性の場合も、フィナステリドによってホルモンのバランスが崩れ、婦人科系の病気になる可能性があるため、使用が禁止されています。
そして、最近では女性にも薄毛が増えていると言われていますが、女性の場合は女性特有の薬物治療や生活習慣の改善などを考えるべきなので、その点を特に考慮して、女性の薄毛治療を専門的に行っていて、口コミなどで評判の良さを確認できるようなクリニックに行ってみることをお勧めします。
以上のようにフィナステリドはAGA治療薬として役に立つ可能性の高い薬ですが、使用する場合は副作用や注意事項に関してしっかりと把握した上で、安全性を重視しながら利用することが大切と言えます。