AGA治療薬の成分、ミノキシジルの解説

専門クリニックの医師

男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす大きな原因として知られるAGAですが、もしもこの発症が疑わしかったり、あるいは病院機関を受診して医師のチェックを受けた後にその発症が確定されたならば、専門のAGA治療薬を処方してもらうことでその症状を抑え、AGAによって乱れていた頭髪の成長サイクルを元の通りの状態に正常化させることが可能となります。

このAGA治療薬として用いられるものとしてよく知られるのがミノキシジルです。
ミノキシジルには様々なタイプのものがありますが、例えば薄毛治療専門クリニックなどで処方されるタイプのものには塗り薬タイプのものが多く存在します。 液体状のものを薄毛を発症している部分に塗布することで薄毛改善にある一定の効果をもたらすことが可能となるのです。
それではミノキシジルを使用すると具体的に頭髪ではどのような効果がもたらされるのでしょうか。
そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して頭髪の成長を妨げる物質が分泌されることによって起こります。 この物質が生じると毛乳頭が毛細血管からの栄養分の供給をストップしてしまうため、毛根全体が極度の栄養不足に陥り、毛母細胞が十分な細胞分裂を行うことができなくなってしまうのです。

ミノキシジルはこのようにして引き起こされる抜け毛や薄毛を改善してくれます。
まず頭皮にこれらを塗布すると周辺の毛細血管を拡張させる効果をもたらし、これによって毛細血管を流れる血流量が増加。それと同時に血中に含まれる栄養分もより多くの量が供給されるので、 これまで極度の栄養不足に陥っていた状況が改善され、頭髪の成長のために必要な栄養分が過不足なく行き渡るようになります。
これによって毛根は十分な毛母細胞の細胞分裂が行え、これまでの成長サイクルの乱れが徐々に改善されるのです。

病院でAGA治療として用いられるミノキシジルは主に液体タイプのものですが、他にも通販などではタブレットタイプで体の内側から吸収するものを購入している人もいます。
さらに薬局などでは市販の医薬品としてこの液体タイプのミノキシジルが販売されており、こちらも手軽に入手出来る製品として人気を集めています。ただしこれは薬剤師の常駐している薬局でのみの購入となりますので注意が必要です。
このように薬剤師と対面式にて購入する理由としては、ミノキシジルがもたらす副作用のリスクが挙げられます。購入の際に薬剤師がしっかりと説明を行うことが義務付けられているのです。それでは具体的にはどのような副作用があるのでしょうか。

ミノキシジルに副作用はどういったものがある?

ミノキシジルの副作用は多岐に及びます。まずはその基本的な効能である塗布した部分周辺の毛細血管を拡張させると言う効果はつまり、血流量を増加させて血圧を下げることを意味します。
そのため塗布した直後は血圧が急激に下がることが考えられるので元々低血圧を患っている人は血管や心臓に負担がかかる可能性があります。

また、血流量が増加すると皮膚は熱を持つ状態となり、かゆみが生じたり、皮脂の分泌などで毛穴詰まりが起こってニキビの原因となったり、発疹が出ることもあります。
その上、血巡りの関係により、息切れや動悸が起こったり、全力疾走した後のように極度の疲労感や倦怠感などが生じる場合もあります。これらは症状がひどい場合には鬱のようになったり、あるいは性欲減退を生むこともあります。

他にも、血流量が増加して栄養分が多分に供給されることによってこれまでに比べて思いがけない部位から毛が生えたり、あるいは全身的に多毛症となる可能性も生じますし、 使い始めた当初は以前のようなAGAによる栄養不足の状態で成長してきた頭髪が環境の変化によっていったん全て抜け落ちてしまうという初期脱毛の症状がもたらされることもあります。
しかしながらこの初期脱毛は一時期を過ぎると状況が改善するケースも多いものです。
そのため自分自身の判断で使用をストップさせてしまう前に、あらゆる面において医師の診断や指示を仰ぐのがベストといえるでしょう。